町屋亭について

八ヶ岳南麓の古民家

八ケ岳南麓(~西麓)は、縄文人が暮らしていた地域で、八ケ岳、南アルプス、富士山という素晴らしい山々を眺めることが出来るところです。
旧大泉村谷戸町屋地区は、長沢~小淵沢街道の宿場、商業の拠点として栄えたところで今でも昔ながらの雰囲気が残っています。ここ町屋亭は、その中心部に位置し、この地区の景観の要とも言える存在です。
建築から100年以上が経過してい ると思われる古民家ですが、主が住まなくなって20年が経過していました。
そのため、屋根、土台、柱に傷みを生じていました。
私たちは、2015年9月にこの古民家に出会い、損傷部分を修復し、昭和レトロの魅力ある建物として再生を図りました。

古民家を楽しむ

古民家の魅力は、実際にそこに暮らしてみることでより深く感じることができるのではないでしょうか。
古民家で暮らしてみたい、そんな思いを叶えることができる宿が町屋亭です。
玄関、キッチン、ダイニング、リビング、畳の間、庭、それぞれの空間に違った魅力があります。 

滞在は1泊から1週間まで自由に選ぶことができます。2泊以上することで、より古民家を楽しんでいただけると思います。

自然豊かな八ヶ岳にある古民家を思う存分楽しんでください。