町屋亭について

八ケ岳南麓(~西麓)は、縄文人が暮らしていた地域で、八ケ岳、南アルプス、富士山という素晴らしい山々を眺めることが出来る処です。
旧大泉村谷戸町屋地区は、長沢~小淵沢街道の宿場、商業の拠点として栄えたところで今でも昔ながらの雰囲気が残っています。
ここ町屋亭は、その中心部に位置し、この地区の景観の要とも言える存在です。
建築から100年以上が経過してい ると思われる農家の古民家ですが、主が住まなくなって20年が経過していました。その結果、屋根、土台、柱に傷みを生じていました。
私たちは、2015年9月にこの古民家に出会い、損傷部分を修復し、昭和レトロの魅力ある建物として再生を図りました。
宿として、イベント会場として、手作りの店として
そして、人と人の交流の場として活用して行きたいと思っています。
農家である我々二人に出来ることは限られていますが、集まっていただいた人々に正(プラス)の相乗効果が得られる様に頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。